理事長あいさつ

ご挨拶

青木 克明

広島医療生協は1966年に安佐診療所からスタートし、50年後には組合員は4万5千人となり、安佐南区、安佐北区、三次、庄原、東城、東広島に支部をもち、地域まるごと健康作りに取り組んでいます。事業所は広島共立病院はじめ医療、介護、福祉各分野に拡大しており、地域包括支援センター、メデイカルフィットネスと保育園を持つのも特徴です。

広島共立病院は設立40年を越え、地域の医療機関、行政との連携を深めて安佐南区の拠点病院としての役割を発揮すべく医療活動を続けております。
2014年の土砂災害の際には、空き病棟を避難所に提供しましたが、西日本豪雨災害に際しても、医療福祉生協をあげて支援活動に取り組みました。

異常気象は地球温暖化の影響といわれていますが、健康で平和な暮らしを護るためには、核兵器廃絶、再生可能エネルギーへの転換が必要です。世界のひとびとと力をあわせて実現しましょう。

広島医療生活協同組合 理事長

青木 克明