医療・介護・事業所案内

医療サービス

広島医療生協では広島共立病院を中心に3つの医科診療所と1つの歯科診療所を運営しています。
広島共立病院は1977年に開設、人口が急増する安佐南区において唯一の総合的機能をもつ医療機関として急性期から回復期にかけての医療を担い、健康診断、救急医療、慢性疾患医療、リハビリ医療・緩和ケアなど地域の人々の切実な医療要求にこたえ、地域のセンター病院としての役割を果たしています。
広島共立病院を中心に、津田、沼田、あすなろの3診療所を配置し、プライマリーケアや健康診断などの第一線医療を担うとともに、地域の生活センターとして組合員のみなさんとともに歩む活動をすすめています。また、1998年には広島共立病院と隣接して、コープ共立歯科を開設、虫歯や歯周病の治療や予防活動,訪問診療などの活動をすすめています。

介護サービス

広島医療生協では、1980年代から「安心した介護」、「寝たきりの方に青空を見せたい」などの要望に応え、訪問看護やデイケアを地域組合員の協力を得てすすめてきました。
2000年に介護保険が施行されてからはそれまでの経験と連携を活かして、様々な介護サービスをすすめてきました。

通所系のサービス

沼田診療所、あすなろ生協診療所、ふれあいセンター協同が運営する3カ所の通所介護(デイサービス)や、広島共立病院と津田診療所が運営する2カ所の通所リハビリ(デイケア)があります。

訪問系サービス

ヘルパーステーション虹と訪問看護ステーションを2カ所で運営しています。

入所系サービス

介護者が一時的に介護が出来なくなったとき又は介護に疲れた時などに短期間入所する短期入所生活介護事業(協同ショートステイ)があります。

小規模多機能型居宅

住み慣れた地域でいつまでも安心して住み続けたいという思いを実現する為に小規模多機能居宅介護支援事業(小規模多機能ふれあい協同)を2016年12月にふれあいセンター協同内に開設しました。

居宅介護支援事業所

介護保険サービスを利用する上で必要となるケアプランの作成や、様々な生活相談に対応する居宅介護支援事業所を3か所運営しています。

地域包括支援センター

地域住民の保健・福祉・介護予防マネジメントなどを総合的に行う地域包括支援センターを、広島市の指定を受けて運営しています。担当地域は安佐中学校区、安佐南中学校区です。担当地域にお住いの高齢者の方のご相談を受けています。

地域包括支援センター
デイサービス
デイケア
ショートステイ
訪問介護
小規模多機能型居宅介護
訪問看護ステーション
  • もみじ訪問看護ステーション
  • 訪問看護ステーションえのかわ

介護職員処遇改善計画・介護職員等特定処遇改善計画書(令和2年度)

当法人の介護事業所における、介護職員等特定処遇改善加算算定に基づく取り組みについて、広島市に届出している計画書の情報公表をいたします。

計画書の内容は以下をご覧ください。データ形式はPDFファイルです。

 1.介護職員処遇改善計画書・介護職員等特定処遇改善計画書作成用 基本情報入力シート
 2.介護職員処遇改善計画書・介護職員等特定処遇改善計画書(令和2年度)
 3.介護職員処遇改善計画書(施設・事業所別個表)
 4.介護職員等特定処遇改善計画書(施設・事業所別個表)

保育事業

  • 共立どんぐり保育園  2018年4月に共立どんぐり保育園(分園)は60名定員で開園しました