地域まるごといきいきブログ

「健康チャレンジ」の取り組み紹介

昨年7月~10月にかけて全県の各生協で取り組んだ健康チャレンジの集計結果が出ました!



広島医療生協では3000人を目標に取り組みましたが、1700人を超える方々がチャレンジし、1000人超の方が

無事やり遂げました!(^^♪



健康チャレンジは大人も子供も全世代が対象。大人は①食 ②運動 ③口の健康 ④心の健康 ⑤生活習慣 ⑥自由 の6分野20のコースから

自分のチャレンジすることを決め2か月実行。減塩食やウォーキング、体操、口のあいうべ体操やにっこりスマイル、禁煙や減酒、早寝早起き等々・・・自分の決めたことを登録してチャレンジ。


子供(12歳以下)は歯みがき、早寝早起き、お手伝い、よく食べる、外遊び等々・・・のどれかを1か月実行する、というもの。


やり遂げた人は備付けのハガキで報告。抽選で全県で100人の方に塩分チェッカー(味噌汁などの塩分測定器)が事務局より送られました。(^’^)


全県では県と市、各地の教育委員会の後援の下、1万人を目標に3医療生協や生協ひろしま、JA、また地域の小学校などで幅広く取り組まれ、
約7000人がチャレンジしました。


ちなみに広島医療生協のチャレンジは大人1395人、子供358人、内訳は地域952人、職員443人でした。


年代では70代が28%と最も多く、次いで60代18%、40代11%の順。なんと80代も10%ありました。すごい!^^;、、


人気のチャレンジコースは1位 ちょい足し運動(片足立ちや つま先立ちなど)、2位 あいうべ体操(口の体操}、3位 朝食を食べる でした。

若い職員に「朝食を食べる」が多かったようですが、朝を食べない人が多いのでしょうか、、、(+o+)


来年度もみんなでチャレンジして、健康寿命をのばしましょう~!(^’^)